スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
Comments*0 / Trackbacks*0
玄達瀬シリーズ第1弾

いよいよ待ちに待っていた玄達瀬の解禁!

気持ちが先行し、釣り具屋に行くたびに新しい仕掛けを買ってしまう

う〜ん、どの針に乗ってくるだろうか?



しかけ


今日は福王丸で出船。メンバーはもっちゃん、コッチー、サト、ニイコ、さくちゃんの5人。

港に着いて、まずは餌となる小あじをサビキで釣る。4センチ程度のちょうどいいサイズが釣れる。しかし、思ったより数が上がらないが、なんとか15匹程度を確保。

漁場までは約2時間。仮眠をとって体力を蓄える。ポイントに行くと、すでに数隻の船が開始している。さあやるぞ〜

潮がぶっとぶように流れる中、あたりを待つ。ドキ、ドキ まずはコッチーが60センチオーバーの真鯛を上げる!続いてもっちゃんが70オーバーの真鯛。そしてさくちゃんも60センチオーバーの真鯛・・・

次はヒラマサがくることを祈って、仕掛けを流す。真鯛とは明らかに違うアタリが! こ・こ・これがヒラマサの引きかぁ〜 ドラグ調整をしながら慎重に巻き上げ。釣れたぁ〜 ほっと一安心。もっちゃん、コッチーも同様に上げている。

港で釣り上げた小アジ君も頑張ってワラサ、ハマチといい感じで上がる。
ニイコは200号の重りを付け、流されながらも胴付き仕掛けでソイ、カサゴを釣り上げる。

まだ、小学1年生のサトも一丁前に竿を立て、石鯛、ハマチをゲット!釣った魚を持って喜ぶサトを見て、もっとうれしそうなコッチーの姿が横にあった。

ヒラマサの本数は少なかったものの多様な魚種により大満足な玄達瀬第1弾であった。心残りは、激しいバトルの上、ハリス切れを起こしてばらした1本。船頭のあれはメータークラスだという言葉になおさら悔いが残る。未熟さ故のバラシ。もっと腕を上げなければ・・・


本日の釣果、ヒラマサ3、ワラサ1、真鯛7、石鯛2、いさき2、グレ・ハマチ多数であった!

どう?いい釣果でしょ

釣果
  



H21.06.27福王丸
Comments*0 / Trackbacks*0
1/1PAGES
InternetExplorer Only