スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
Comments*0 / Trackbacks*0
平成23年初の釣果はいかに!? H23.2.4米春丸
  年末から年始にかけて天候が優れずなかなか釣行にいけない状態が続いていた。
 日々、波浪情報をチェックし、虎視眈眈と釣行できる日にあたりをつけていた。2月4日、仕事の予定がなんとかなりそうなところ、奇跡的に天候がよくなり、さっそくコッチーを誘っての釣行となった。

 釣船は最近ホームページで気になっていた米春丸に決定!
メダイ狙いで乗合い、7人が乗船した。

久しぶりの釣り、そして何よりメダイのおいしさが頭にチラツキ、わくわく感が抑えきれない。

最初のポイントまで約30分。魚影を確認できないのかアンカーをなかなか打てない。はやる気持ちを抑えながら、仕掛けの投入を待つ。

緊張の1投目、ドキドキしながらあたりを待つ。びくびくと大きく竿先が動く。
顔を出したのは30センチと25センチのカサゴのダブル。幸先の良さにひとまずホッとする。続く2投目にはチダイがあがる。

ここで、船長がこのポイントに見切りをつけて1時間ほどかけて冠島へ向かう

最初にヒットしたのはコッチー。大きく竿が曲がり、海面に突き刺さる。ハンパでない引きに大物の予感・・・・と・こ・ろ・が、あと20メートルでクン!
痛恨のバラシ・・・顔を見なくとも落胆ぶりが伝わってくる
置き竿で巻き上げしたため、メダイの強烈な引き込みに対応できなかったのが原因。

続いて、さくちゃんにヒット。小さい(55センチ)ながらも本命の顔が見れてホッとする。これがいけなかったのか、このまま最後までメダイのあたりからは遠ざかってしまう・・・

それに引き換え、コッチーにはあたりのラッシュ。まずは54センチのメダイをあげ、コッチーの顔にようやく笑みがこぼれる。
しかし、このあたりをうまく活かすことができない 
唇切れに針伸び、ハリス切れと釣果を上げることができない。
だが、さすがはコッチー。釣り方や仕掛けに工夫をし、ミスを最大限に減らしていく。その成果もあり、82センチ、74センチと大型メダイを立て続けにゲット!!
66センチのクーラーに首を曲げた状態で横たわるメダイ
う〜ん、うらやましすぎる!!


そのころ、さくちゃんはあたりのなさに危機感を感じはじめた。コッチーからのアドバイスを受けながらもあたりがでない・・・やばい!
残り1時間、このままメダイを狙い続けるか、あきらめるか・・・
考えた末、根魚を狙うことに。
イカの短冊を多めに付け、底まで落とし込む。
激しいあたりに、合わせをする。首をふりながら上がってきたのは、大きなカサゴ。こ、こ、これはうれしい1匹、その後もう一匹カサゴを上げ、納竿となった。

結局、この日はミヨシから5.5.5.5.3.1.1との釣果であり、ともが悪い結果となった。

今年の最初の釣行は大成功!きっと今年は良い年になるぞ〜

82センチのメダイ すごいわぁ うらやましいコッチーやったね!
【反省点】
《バラシの要因》、置き竿であり、手持ちにしてからは2/3であった。
1/3はハリス切れで自分の仕掛けの6号で一発切れであった。
ちなみに船頭仕掛は8号、90cmを上げたベテランは12号を使用
《エサについて》えさは出来るだけ種類が多いほうがいい。ちなみに
竿が頭の人は、自前のホタルイカ、横目で見ている限り10回はヒットしていた。




コッチーの釣果、メダイ3匹
82センチ、74センチ、54センチ
いいねぇ



さくちゃんの釣果
本命メダイは1匹、そして55センチ う〜ん小さい
外道が立派過ぎるわぁ
釣果

41センチのでっカサゴの後ろにメダイが隠れてる〜
かさご
-
Comments*0 / Trackbacks*0
スポンサーサイト
-
Comments*0 / Trackbacks*0
☆Comments★
☆CommentForm★










☆TrackbackURL★
http://goodfisher.jugem.jp/trackback/96
☆Trackbacks★
InternetExplorer Only