スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
Comments*0 / Trackbacks*0
H23年6月28日 福王丸
 
 王丸

628日(火)アメリカ一時帰りの直ちゃんと子供のリコちゃん(中2)と友達のたかし君(中1)、コッチー4人で福井越前町宿港の副王丸さんへ、完全ふかせと天秤フカセの真鯛と夕からマイカ釣りに行ってきました。台風の影響で波高いかと思いきや、晴天、ベタ凪の絶好の釣り日和であった。

 13時出港のため1130分に港に到着し、えさの鯵(根魚用)をサビキで20匹ぐらい釣って、いざ出港。子供がいたので、根魚でも釣って子供を楽しませてから、フカセか?と思っていたら、船長は、はじめから完全フカセ、天秤フカセで鯛狙うとのこと。そこで、直ちゃんとコッチーはともで完全フカセ、子供は天秤フカセとした。一投目は上潮が早く、底潮はゆるい潮でフカセでは同調がなかなか難しい潮であった。えさは残っていて上潮が早いので2投目からは、サルカンを付け加えていく方法で何度も流すと3投目で鯵が釣れてくる。しかし、フカセ特有のスプールの高速回転はない。サルカン2連結、その後も鯵ダブル、直ちゃんもサルカン付けて鯵など、その後ウマズラまで釣れるという完全にえさ取りタイムに入ってしまった。船長が移動しましょうと言っていた矢先、直ちゃんの竿が巻き上げの時に大きくしなっている。これはまさか??鯛か??と思っていると45cmの立派な真鯛であった。また、直ちゃんに先を越された。流石フカセの名手。アメリカに行っていても相変わらずうまいなと思うのと同時に、自分のふがいなさに落胆していた。船長はその後移動。2回目のポイントも完全に2枚潮。上潮は後ろに、底潮は逆に戻ってくる潮であった。漁礁に流れるように、アンカーを打ち直して、1投目、初めてスプールが高速回転!!これは、竿は大きくしなり、何度も海面に竿先が突き刺す。これは青物か??と思っていると、62cm大きな真鯛であった。その後直ちゃんも1匹、コッチーも1匹加えて満足なフカセとなった。

ここに本文を記入してください。
りこコッチー

たかし釣果2

 夕からはマイカ釣りと思っていると、
1930分ぐらいからスコールで土砂降りではあったが、みな順調にイカを釣りあげる。しかし、スルメが多い。何度もマイカの足のみが上がってくる。なぜか??と思って水面をみていたら、マイカがスッテに乗って船にあげようとした時、スルメがマイカをがぶり!!早くあげないといけないとやられると思ってなるべく釣れたら早めにまいて船に入れるようにしているとマイカの釣果は徐々にではあるがアップしてきた。結果マイカ7杯 スルメ20杯であったほぼ入れ食い状態であった。又真鯛2枚(62cm 45cm)チダイ2匹、鯵3匹、ウマズラ2匹の釣果であった。直ちゃんたちも同じような釣果であったが、鯵をえさにたかし君がカサゴを3匹プラスしていた。りこちゃんは相変わらず、チダイ、イカをよく釣っていて釣り名手の娘の風格さえ感じた。

 直ちゃんと行くと必ず大物釣りになるが、今回は直ちゃんが真鯛を釣らせてくれた気がした。釣りに誘ってくれた直ちゃんに感謝感謝の楽しい釣りであった。

釣果1釣果

-
Comments*0 / Trackbacks*0
スポンサーサイト
-
Comments*0 / Trackbacks*0
☆Comments★
☆CommentForm★










☆TrackbackURL★
http://goodfisher.jugem.jp/trackback/98
☆Trackbacks★
InternetExplorer Only